読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DX劇団ハコムス観たぽーん、面白かったぽーん

視覚認識と経口認識なんて言葉があるのかわかりませんが、なんの知識も持ち合わせていない赤ん坊はなんでも口に入れることで、母の乳を、父の手を、積み木やブロックを、そして大きくは世の中を知っていくのでしょう。

ネットが発達し、世の中の大抵の知識は共有できる時代です。賢人が一生をかけて導き出した言葉や解も、我々は指先一つで目にすることができます。本と伝言だけの頃と比べ、大量生産大量消費の経済と同じように知識の大セール、大安売りです。モノに溢れ、知識に溢れ。スマホがあれば、たとえどんなバカでも世界中の知識の引き出しを開けることができ、まるで自身が大賢者にでもなったかのような錯覚に陥ることは誰しもが経験済みだろうと思います。わからない単語も文法も計算も理論も、誰よりも賢いGoogle先生が教えてくれます。その場しのぎに都合のいい時代です。

親から口うるさく言われると、つい「わかってるよ!」なんて言いがちですが、大人になるにつれ、あのときの言葉がストンと、あるいは身にしみてわかるようになることが多々あると思います。経験の重みを実感する次第ですが、僕自身、見て覚えた知識と経験を経た知識と、その境が曖昧になる瞬間が少なくありません。

これは想像でしかないんですが、例えば昔の百姓はきっと、自身の生きるための術、農作に関する知識以外は持ち合わせていない、むしろ必要でなかったでしょう。時代は変わり、我々はたくさんの情報を得たがりますが、そのうち必要なものはどれだけあるでしょうか。そもそも、得た情報は本当に"得た"と言えるのでしょうか。

なんて自問自答したところで答えなどわからず、これまた経験を経ないと自覚に至らないのです。経口認識と言いましたが、理解するのは口に入れずとも容易いんです。しかし、口にして、咀嚼し、飲み込み、消化されてようやく血肉になるわけでして、ネットで、大学の講義で得た知識で武装した気になっている"博識な私"も、結局は赤ん坊のままで、わかった気になって口に入れない分赤ん坊にすらなれていないのかもしれません。

テレビでも雑誌のインタビューでも曲の歌詞でも、なんでこんな当たり前のことを、なんて思ってしまうことがよくあるんですが、よくよく考えてみりゃ僕は脳みそだけで理解した気になってるだけで、経験したからこそ彼らは発信してるんだと気付かされるんです。つまるところ、自分で食べてみないことには、その店の料理を知ることはないってことなんですけど、そうやってようやく自分なりの評価が自分らしく成り立つのかな、なんて。

というのも、なんだか最近頭でオタクしてる気がして、それは周りのあれこれを自身へ干渉させてることだったりするんですけど、よそありきの自分ほど不安定なもんもないな、と。なんかふわついてるんです最近。したほうがいいことは、本当にしたほうがいいのでしょうか。しなければいけないことは、実はしなくてもいいことだったりしないんですかね。

こないだDX劇団ハコムスを観まして、小ぶりでいい芝居だったと思うんですが、ふと演者と観劇者(僕)とに意識の差を感じまして。もちろん違って当然なんですが、あの子たちは、その程度はわかりませんが、食べて血肉にした上で表現してるのに、こっちは金払ってボケーっと眺めて能書き垂れて終わりなんて、なんか寂しいです。接触ありきの観劇って言われちゃったら愛想笑いくらいしかできないんですけど、観劇も読書と同じく立派な経験なら、体験して体現した彼女らとその差が歴然であろうとも、体力の使う経口という努力をしてもいいのかなと、それがなんとなく良いことのような気がしたんです。

具体的にと問われると案外困っちゃうんで情けない限りですけど、この公演でいえば、やっぱ一億円ってすげえなって感じでしょうか。

感情に紐付いての経口認識だと思うので、演目の面白さだったり演者さんの技量だったりに大いに影響されるとも思うんですが、彼女らの排泄物をもっとちゃんと食べようぜ!という心がけは無意味ではないと思います。

7,80人ほどの客入りで、こんくらいがハコムスにとっても、カルチャーズという箱にとってもちょうど良いかなとか思いましたが、人混みが嫌いでなければそんなこともないのかもしれないので、僕も鉄戸美桜さんのユニフォームに注目して一喜一憂していきたいと思います。




11月の"さんみゅ〜でいいじゃん"が全然いいじゃんじゃない件




決断自体に良し悪しがなくとも、当事者でない僕らは、予想や覚悟の有無に関係なく現実に突き放されるわけでして、どうしようもできないこの距離感に改めて寂しさを感じてます。

去年は京極友香さん、今年は山内遥さん、では来年はどなたでしょうか。契約更新の時期に合わせるとこの頃合での発表となるのは致し方ないようでして、おめでたいことこの上ない僕の誕生月に随分とネガティヴな印象を植えつけやがってくれまして、憤懣やるかたない思いです。

冗談はさておき、なんとなく、ワンマン終わったくらいからそんな雰囲気を醸し出していたように感じてまして、仲間内で、ありゃやめるなあ、京極友香さんと同じ時期だろうなあ、などと話してましたので、マメに現場へ通ってる皆さんはよりその勘が働いていたことでしょう。だからこそのTLでの切なさの蔓延だと思います。ちゃんとしたオタクがちゃんとオタクしていたなら、と考えてみたところで的外れな気がしますし、なんにせよ結局去る背中を見つめながら黙って手を振るか敬礼するくらいのことしかできないのです。

冒頭で良し悪し、と言いましたが、結果(将来)がどうなろうと、この決断はそれが下された時点で「その時点の彼女にとって」最善であることは自明です。発表に至るまで多くの大人が関わってるでしょうから、ある程度今後の見通しもたっていると信じます。

この発表によって、オタクのどこか上の空な切なさがまず第一になら、その後続くのが戦力としての惜しさ、グループ編成としての難しさなどでして、個人的には、彼女の脱退によって歌の上手さにおいてのメンバー間格差が歴然としてしまう、よもや昔のAAA形式への進化があるかも、なんて無粋な心配をしてしまうのです。

メンバー間での立ち位置がどうであったかは推察するに留まりますが、彼女は歌がうまく、またダンスも印象的でして、少なくともパフォーマンス面でさんみゅ〜を支えていたことは確かでしょう。なかなかこの穴はデカく、歌の上手い2人(新原聖生さん、西園みすずさん)とその他との間にいた彼女が抜けるということは、先に昔のAAAと形容したように、歌うまコンビにグループの核である木下綾菜さんを加えたメインボーカル3人とその他になっちゃうのかな的な懸念がないわけではないですし、果たしてそれが本当に懸念なのかと問われると、案外……なんて考えちゃうわけでして、やっぱり彼女の穴はデカいのです。みんなどんどん歌うまくなってますし、底上げがなされてるのはいいことですが、その分上の2人もうまくなっているわけで、その差を縮めることはなかなか難しいのです。そこらへんをぼやーっとさせてたのが彼女で、やっぱり山内遥さんはさんみゅ〜にとって必要な存在であったと考えられるわけです。

なんてことは全部どうでもいいことです。別れの際は、一にも二にもクソにも、なにをとっても想起と懐古に尽きるのです。

お別れの言葉を告げに足を運ぶ、この不毛な感覚、葬式と同じで、残される側の自己満。だからこそ、自分のためにもそれぞれ納得できる思い思いの「さようなら」を告げに行かなければと掻き立てられるのでしょう。

とりあえず、来年からは11月に限って「さんみゅ〜じゃよくないからやめるんじゃん」に変更して頂けますと不幸中の幸いです。



マッチ売りの少女『ハコムス編』クラウドファンディングの巻




運営(お父さん)

味を占めたのでしょう。また、です。メンバーに釣り餌としての価値しか見出していませんので、そういった意味ではメンバーの良さを最大限まで引き出す名案かと存じます。リスクをとらずにリターンを得られるなんて、こんないい手使わずにいられませんもの。メンバーに接待させるだけで金が欲しいだけ降ってくるわけですから、彼らにとってオタク様とは財布ですらなく、打ち出の小槌です。僕もカルチャーズかボックスで働きたいです。



怖いお父さんに脅され、売り切るまでお家に帰れないの……と道行く人々の同情を引く、かわいそうな女の子たちです。一発ヤらせてくれたら5万円分買うよハアハアってのがオタクでして、救いようがありません。かわいそうに。早く解散するといいね。


オタク(買春おじさん)

美少女とセックスしたいから、にちっぽけな脳みそ占領されて、なにも思考できなくなってます。救いたくないですね。自分たちは年端もいかない女の子を堪能できて、お父さんはその金で毎日叙々苑食えるなんてWin-Winですね。天はなぜオタクに知能を授けなかったのでしょうか。アーメン。


そうこう言ってる間にも目標金額の半分いってまして、しょうもないですね。マッチ売りの少女は物語の最後に死にますから、是非とも運営には早急に代わりの金稼ぎの道具を用意してもらい、オタクにも札束抱えて鼻息荒く待っていてもらえれば、ハッピーライフかと存じます。





アイドル甲子園シアター「AKIRA」の打ち上げイベントでオタクが惨めにも詐欺られた話

ただただ脱力してます。しばらく引きずりそうです。渋谷の地下というシチュエーションにぴったりな、まるでゴミ溜めでうんこしたようなイベントでした。

うんこの概要

①開場20:00、開演20:30の予定が、開場20:10、開演21:00に。

時間を過ぎても入場させてもらえず、渋谷の街中で好奇の目に晒され肩をすぼめるオタクたち。それでも10分間耐え抜き、ようやく入場が始まったことでオタクに笑顔がみえた。入口でチケットをもぎってるスタッフから「開演時間、10分押して40分からになります!」の声。よくあること、と気にとめないオタクたち。入場するとステージ、フロアに椅子が並べられており、トークイベント以外を期待していた人たちから落胆の声があがる。BGMと、発情期の猿の鳴き声と、オタクの談笑する声だけが聞こえるフロア。時計は21:00を示している。BGMの音量が大きくなった……。

……は?いや待てよ?40分からじゃねーの?なんのアナウンスもなかったよ?え?

てな感じでした。お知らせもなく、了承も求めず、謝罪もなく、補填もなく、もとより21:00開演であったかのように進行していく様をみて拍手できる人間が全く理解できず、俺の心が狭いのかなと思おうとしましたが、多分客の大多数が馬鹿なんだろうという結論に至りました。鉄戸さんが15歳なので、イベントは22:00きっかりに終演を迎えまして、公演時間は約1時間だったわけです。もとから1時間の予定だったんだよ!とおっしゃる方がいるかもしれませんが、本来流す予定だった初稽古の様子を撮影した20分ほどの動画(演出・佐藤さん談)を鑑賞する時間が全くなかったので、お察しするところであります。佐藤さんは、機材の具合で流せるかわからないともおっしゃってましたが、公演終盤、トーク中に音声も含めちゃんと流れてましたので、鑑賞時間がとれなかったことの原因を、開演の遅延以外に求めるのは無理があるでしょう。そもそも舞台の千秋楽が17:00開演でして、公演時間が1時間半ほどで18:30、公開ダメだしと接触を済ませると20:00は過ぎます。そこから移動の準備して、あれこれ挨拶済ませて、よし移動!となったところで、到着してからも準備やら打ち合わせがあるでしょうし、開演に間に合わないことは十分に予想できると思うんですがね。そもそもの時間設定がおかしかったというか、ただただ見通しが甘いの一言です。大体こっちは金払って契約完了してんだから、てめーらの都合なんてしらねーよってのが本来あるべき姿でして、せめてそのことについてなんかしらのアクションが欲しかったところであります。オタクが舐められてる話、で済ませるのは違いますよ。オタクが詐欺られた話です。

②打ち上げと表記していたにもかかわらず、舞台を観に来た人のためのものでないイベント内容。

舞台を観た人が全員passcodeのオタクであると勘違いした話なら、運営が全員キチガイだったで話は終わりなんですが、そうなんでしょうか。なぜ急遽passcodeのライブを行うことが発表されたのでしょうか。"チケットを捌きたい>舞台の打ち上げとしてきているpasscodeのオタク以外の人への配慮"という構図は実に愉快でして、1時間の内、約15分がライブに当てられましたが、なにがメインかわからなくなり、そうなると僕は一体なにに3000円払ったんでしょうか。打ち上げってなんでしょうか。ライブを観に来た人が滾ってるのはまあ仕方のないことでして、やたらめったらやかましいトークイベントでしたが、この状況でどう楽しめとおっしゃるのでしょうか。笑顔の演者たちにすら苛立ちを覚えました。確かに前もって内容は明記されてませんでしたが、当然、だからと言ってなにをしてもいいわけでなく、"打ち上げ"という文言に連想されるものの範疇でなければ、焼きそば買ったらゴキブリ入ってたようなもんです。

(番外)客の一部が発達障害で構成されていた事実。

ガヤは百歩譲って構わんのですがね。トーク中にデカい声でベラベラ喋っていた方々はきっと幼稚園児なんだろうと振り返ると、いい歳いってまして、こういう結論です。揶揄ではありません、事実です。差別ではありません、区別です。

結語

まあそんなこんな詐欺られて悲しいなって話でした。受け入れることばかりが大人じゃねーぞバカオタクども。

アイドル甲子園シアター旗揚げ公演「AKIRA」


語るだけ野暮といいますか、うまいこと言葉が出てきません。まあそういうことなんでしょう。一言に "良かった" 。

アイドルという形容詞に対するジレンマだったり、観劇に際してスタンスを決めようとする愚かさだったり、批評を作りながら観劇する虚しさだったり、公演中にいろいろ捨てつつ観れたかなと。ごちゃごちゃ細かいこというのは演出のおっちゃんとその他関係者で十分でして、楽しかったエグかったくらいしか残りカスとして心にないんですけど、朗らかな場面ではこちらも笑顔で、悲痛な場面ではこちらも顔を歪め、イラつく場面ではこちらも拳握って、感情をぶんぶんと振り回され、観てるだけでヘトヘトになった一時間半でした。終演後、とてつもない脱力感に襲われ、ようやく息が出来る感覚でして、その濃さゆえ長かったなあと実感し、どれと振り返ってみればその濃さゆえ短かったなあと想起する、そんな同居し得る矛盾みたいなのがうまいこと僕の感情を表現、証明してくれてると思います。

公開ダメだしはより専門的に公演を振り返るやつでして、僕の知らない目線からの評価が聞けるので新鮮でしたし、ここで演出のおっちゃんの言葉にうんうんと頷きたいが為に構えて舞台を観る恥ずかしさを理解し、どーせおっちゃんが専門的な批評を後々聞かせてくれんならオラはただなんとなく観るべってのがお利口かと思います。面白いおっちゃんでした。演出に関して印象深いのは、メタ発言をうまいこと使っていて、もともと狭く近い環境をさらに、みたいな効果だったり、こちらの感情の切り替えを幇助する意味合いだったり、まああのおっちゃんの本当の意図は知りませんけどね。

アイドル舞台だと思わないでください、の真意は、そこらのアイドル舞台と一緒にされたくない、でしょうけど、受け取り方としては、そもそもそんな枠ごとに見方を変えること自体ナンセンスだよね、が正しいかと思います。

映画祭の運営なんてやめて、舞台の祭典でも作りたいです。

さんみゅ〜が再び武道館を目指しだしたことについて

僕の記憶が確かであれば、ちょうど二年ほど前、赤坂サカスでのフリーイベントで"前にススメ!"を歌ったとき、長谷川怜華さんが涙ながらに武道館への想いを語った以来、ぱったりと"武道館"というワードをさんみゅ〜の口から聞くことはなくなりました。まだそれを口にできるレベルにないと理解しての足掛かり的な"目指せオリコンTOP10入り"だったのかもしれませんが、ようやく本人たち、ないしは運営のなかで"武道館"が現実味を帯びてきたということなんでしょう。

大いに歓迎するところでありまして、その熱意に水を差そうなどとは考えもしませんが、少なくとも6000人は集めないとライブが成立しない武道館という箱を現実的と考えられるようになった裏付けはなにか、に思いを馳せるのです。昨年の春に行われましたステラボールでのワンマンと、この度全国ツアーと銘打って東阪福で行われたライブのなかで僕が唯一足を運んだ東京山野ホールの集客に注目しますと、ステラの1部が200人ほど、2部が250人ほど。山野の1部が250人ほど、2部が300人ほど。明確な数字ではありませんが、関係者席以外の座席数に空席を大まかに差し引いて導き出してますので、さほど的外れなものでもないと思われます。これを信頼して6000人への道のりを単純計算で考えると、1年で50人増えるとして、だいたいあと115年で夢は叶うわけです。聞いた話によると、福岡でのライブの集客は、ゲストとして呼んだ他のアイドルのオタクと合わせても50人ほどだったらしいので、その数字の正確性はさて置き、それくらいの人数と感じとられる程度の集客であったということは理解できるわけでして、なかなかに先は長いなと思わざるを得ません。まあ現実問題、武道館にいくようなアイドルは年50人どころじゃない爆発的な増加があって当然ですから、集客人数をみてというよりも、今自分たちがやってることへの自信だったりがこの先に起こるであろうさんみゅ〜大ブームへの裏付けとなって封印を解いたんでしょう。ただ、口に出すことで目標に近づくみたいなこともありますから、山野でのワンマンのような質の高いライブを積み重ねていくことをまず第一として頑張ってくれたらと思います。

武道館は100万円使って最前取りますので、よろしくお願いします。

トゲトゲと接触のソシャゲ化について

ここまでくると良かれ悪しかれの舵取りの問題ではないような気がします。半端なのは勇気の欠如によるものなのか、大した理由も思考もない提案だからなのか。

春に運営の脳みそが変わり、目先のことで言えば接触の剥がしが緩くなっただとかメンバーの公式個人ツイッターが解禁されただとか、ある面での環境の改善がなされたといっていいと思うんですが、良し悪しは置いといてとりあえずありきたりに落ち着くようになったんだと理解してます。そういう状況を前提に、大げさに言うところの改革の一環として新曲トゲトゲのお披露目なのです。

案の定誰よりも純白であるオタクの保守的な部分を刺激することとなりましたが、お披露目を重ねるうちに「これもアリだこの良さがわからんとは」とうまいこと収束していく様はまさに純白であり、運営様の読み通りに事が運んでるんだろうと勘ぐってしまう次第でして、曲を聴かずともメンバー本人ら以外に変革に対する思い切りだとか覚悟なんて存在しないベッキー様召喚なんだろうと察しがつくわけです。結局のところそこに新たに練られた思考などなく、ただ単に他所から持ってきた思考の型にさんみゅ〜を当てはめたに過ぎず、そうなると、剥がしの緩さだとか衣装の黒さだとか曲の沸ける具合だとかの程度の話など運営様にとっちゃ大した問題でなく、ここらで新たなさんみゅ〜像を提示したらおもしろくね?ついでになんか変わるんじゃね?的な、小学生が既存の遊びに独自のルールを付け加えるような安直さが垣間見えるのです。

なにも沸ける路線を否定しようだなんて全く考えておらず、それならそうとこっちも適応しようと動く意思を持ってるんですが、そもそも、なにを求めてのその選択なのか、がオタクのなかで理解されてようやく選択の意義が達成されるわけでして、それがただなんとなくならば、オタクもいつも通りただなんとなく楽しんじゃって、結果に変化は生まれません。そりゃ見た目は真っ黒だしメンバーカラーなんてもんもできてるし曲調もさんみゅ〜にとっては新しいものなのかもしれませんが、大きくアイドル業界のなかで見てみるとありきたりもいいところでして、それで爆発的な変化が生まれると本気で考えていたなら、純白なオタクに甘てきた今までのツケといいますか、ぬるま湯に浸かりきってんだろうなという感想以外なにもなく、まあそういうところが半端な印象に繋がっているのかなと思う次第です。

収穫としましては、トゲトゲも綺麗にまとまった商品として表現できてるメンバーの実力を再確認することが挙げられますが、だからこそなんだか勿体無い気もするわけです。今のさんみゅ〜ならなにやってもそれなりのものが出来上がるからこそ、そこに甘えてはいけない気がするのは、きっとオタクの勝手な意見なんでしょう。個人的な話をすれば、革新を狙う意向を大げさに受け取ってのジャンプでもあるんですけど、オタクが焦ってもなにもいいことはありませんので、ありきたりでもなんでもこっちが楽しむことを思考停止的に優先する選択も全然アリなんじゃないかなと考えるこの頃です。

今回も一番悩んで一番頑張ったのは疑いもなくメンバーですから、ただの操り人形ではなく、ちゃんと意思を持った彼女らに配慮がなされないことほど悲しいこともありませんので、オタクの皆さんにはさんみゅ〜の楽しみ方のボキャブラリーを是非とも増やしてもらい、沸き曲→聴き曲→沸き曲のセトリの流れにも負けず「さんみゅ〜らしいな」とのたまえるくらいの甲斐性を持つ寛容さとスキルで、これからの迷走にも楽しく付き合い、武道館が埋まればいいなと願います。

「イベント特典券」1枚につき、「個別握手会参加券」1枚を抽選箱よりお引きいただき(どのメンバーにも使用可能な★マークの特別券有り)、券面に記載されたメンバーとの個別握手会に、お1人様が1回ご参加いただけます。

CDの売上とグループの人気は比例しませんから、どっちを目指すのかが運営様の方針として一つ重要であると思うのですが、オタクに優しくない、トゲトゲという火薬にあえて水を差すこの提案は、オリコンオリコンうるさかったあの頃を懐古させる思惑なのでしょうか。平等と成長は大抵相反するものでして、素人目ではありますが人気ないならもっと頑張れってのが芸能界だと思うんですが、どうなんでしょうか。木下綾菜さんだけ時間がかかりすぎて早くお家に帰れないってなら開始時間早めれば?ってお話ですし、その分お金が入ってることを考えればより増進を目論むのが資本主義下にある企業としての正しい努力でしょうし、増えていく需要をあえて裏切るだなんておもしろくもありませんので、目当てが出るまで買い続けることによってより売れる、みたいな純白オタクに対する甘え丸出し作戦なのかと勘ぐるに至るんですが、なるほどソシャゲのガチャを模したこの制度はオタクの民度をはかるいい提案なのかもしれません。オタクが握手券を交換し合い、そこにコミュニケーションが生まれ、オタクネットワークが広がり、延いては新規の定着に繋がるという壮大な意図があるのかもしれませんし、新規のうちの7が来なくなっても、残りの3のそれを補うだけの購買を促進する作戦と自負してるんでしょう。

いよいよ運営様の頭の中がカオスになってきましたが、オタクもメンバーもカオスになればなんちゃって統一の完成かなと思い込むことにします。果たして、言い伝え通り救世主は現れるんでしょうか。