読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トゲトゲと接触のソシャゲ化について

ここまでくると良かれ悪しかれの舵取りの問題ではないような気がします。半端なのは勇気の欠如によるものなのか、大した理由も思考もない提案だからなのか。

春に運営の脳みそが変わり、目先のことで言えば接触の剥がしが緩くなっただとかメンバーの公式個人ツイッターが解禁されただとか、ある面での環境の改善がなされたといっていいと思うんですが、良し悪しは置いといてとりあえずありきたりに落ち着くようになったんだと理解してます。そういう状況を前提に、大げさに言うところの改革の一環として新曲トゲトゲのお披露目なのです。

案の定誰よりも純白であるオタクの保守的な部分を刺激することとなりましたが、お披露目を重ねるうちに「これもアリだこの良さがわからんとは」とうまいこと収束していく様はまさに純白であり、運営様の読み通りに事が運んでるんだろうと勘ぐってしまう次第でして、曲を聴かずともメンバー本人ら以外に変革に対する思い切りだとか覚悟なんて存在しないベッキー様召喚なんだろうと察しがつくわけです。結局のところそこに新たに練られた思考などなく、ただ単に他所から持ってきた思考の型にさんみゅ〜を当てはめたに過ぎず、そうなると、剥がしの緩さだとか衣装の黒さだとか曲の沸ける具合だとかの程度の話など運営様にとっちゃ大した問題でなく、ここらで新たなさんみゅ〜像を提示したらおもしろくね?ついでになんか変わるんじゃね?的な、小学生が既存の遊びに独自のルールを付け加えるような安直さが垣間見えるのです。

なにも沸ける路線を否定しようだなんて全く考えておらず、それならそうとこっちも適応しようと動く意思を持ってるんですが、そもそも、なにを求めてのその選択なのか、がオタクのなかで理解されてようやく選択の意義が達成されるわけでして、それがただなんとなくならば、オタクもいつも通りただなんとなく楽しんじゃって、結果に変化は生まれません。そりゃ見た目は真っ黒だしメンバーカラーなんてもんもできてるし曲調もさんみゅ〜にとっては新しいものなのかもしれませんが、大きくアイドル業界のなかで見てみるとありきたりもいいところでして、それで爆発的な変化が生まれると本気で考えていたなら、純白なオタクに甘てきた今までのツケといいますか、ぬるま湯に浸かりきってんだろうなという感想以外なにもなく、まあそういうところが半端な印象に繋がっているのかなと思う次第です。

収穫としましては、トゲトゲも綺麗にまとまった商品として表現できてるメンバーの実力を再確認することが挙げられますが、だからこそなんだか勿体無い気もするわけです。今のさんみゅ〜ならなにやってもそれなりのものが出来上がるからこそ、そこに甘えてはいけない気がするのは、きっとオタクの勝手な意見なんでしょう。個人的な話をすれば、革新を狙う意向を大げさに受け取ってのジャンプでもあるんですけど、オタクが焦ってもなにもいいことはありませんので、ありきたりでもなんでもこっちが楽しむことを思考停止的に優先する選択も全然アリなんじゃないかなと考えるこの頃です。

今回も一番悩んで一番頑張ったのは疑いもなくメンバーですから、ただの操り人形ではなく、ちゃんと意思を持った彼女らに配慮がなされないことほど悲しいこともありませんので、オタクの皆さんにはさんみゅ〜の楽しみ方のボキャブラリーを是非とも増やしてもらい、沸き曲→聴き曲→沸き曲のセトリの流れにも負けず「さんみゅ〜らしいな」とのたまえるくらいの甲斐性を持つ寛容さとスキルで、これからの迷走にも楽しく付き合い、武道館が埋まればいいなと願います。

「イベント特典券」1枚につき、「個別握手会参加券」1枚を抽選箱よりお引きいただき(どのメンバーにも使用可能な★マークの特別券有り)、券面に記載されたメンバーとの個別握手会に、お1人様が1回ご参加いただけます。

CDの売上とグループの人気は比例しませんから、どっちを目指すのかが運営様の方針として一つ重要であると思うのですが、オタクに優しくない、トゲトゲという火薬にあえて水を差すこの提案は、オリコンオリコンうるさかったあの頃を懐古させる思惑なのでしょうか。平等と成長は大抵相反するものでして、素人目ではありますが人気ないならもっと頑張れってのが芸能界だと思うんですが、どうなんでしょうか。木下綾菜さんだけ時間がかかりすぎて早くお家に帰れないってなら開始時間早めれば?ってお話ですし、その分お金が入ってることを考えればより増進を目論むのが資本主義下にある企業としての正しい努力でしょうし、増えていく需要をあえて裏切るだなんておもしろくもありませんので、目当てが出るまで買い続けることによってより売れる、みたいな純白オタクに対する甘え丸出し作戦なのかと勘ぐるに至るんですが、なるほどソシャゲのガチャを模したこの制度はオタクの民度をはかるいい提案なのかもしれません。オタクが握手券を交換し合い、そこにコミュニケーションが生まれ、オタクネットワークが広がり、延いては新規の定着に繋がるという壮大な意図があるのかもしれませんし、新規のうちの7が来なくなっても、残りの3のそれを補うだけの購買を促進する作戦と自負してるんでしょう。

いよいよ運営様の頭の中がカオスになってきましたが、オタクもメンバーもカオスになればなんちゃって統一の完成かなと思い込むことにします。果たして、言い伝え通り救世主は現れるんでしょうか。